1
「マンホールの蓋はなぜ丸い?」そんな事は忘れて、知っておくべき日本の芸術
FEED IN SIGHT
見過ごしてしまいそうな大切な事を伝える。
Feed In Sight
Feed In Sight
見過ごしてしまいそうな大切な事を伝える。
Good!
Good!してお気に入りを友達とシェアしよう!あなたがGood!しました。
デザイン&アート
ライフ&カルチャー

いつも意識する事も少ないマンホールの蓋。それを意外なスタイルで飾る、マンホールアートの存在を知っていただろうか。

例えば、山口県の小郡町(現・山口市)。自由律俳句で有名な、種田山頭火が暮らした町だった。

画像:MRSY on Flickr

それぞれの地方の特色を活かしたデザインが興味深い。電照菊が有名な、愛知県渥美町(現・田原氏)。

画像:MRSY on Flickr

奈良県の斑鳩は、法隆寺の町だ。

画像:MRSY on Flickr

長野県松本市では、手まりが伝統工芸品。

画像:MRSY on Flickr

福井県、今立町(現・越前市)は古くから紙すきが盛んだったそうだ。

画像:MRSY on Flickr

香川、瀬戸内海に面する高松市。屋島の合戦で、那須与一が扇を射落とす様子。鮮やかだ。

画像:MRSY on Flickr

これらのマンホールの写真の数々は、MRSY氏が写真共有サイトのFlickrで公開した物だ。実際にこちらを覗くと、その写真の数に驚く事だろう。

各地から収集されたデザインを眺めると、その多様性に驚かされる。昨今は海外メディアからの注目も多いようだ。

おなじみのロゴも。

画像:MRSY on Flickr

和歌山岩出市。みかん、だろうか?

画像:MRSY on Flickr

桃太郎は岡山だ。

画像:MRSY on Flickr

寛永通宝のデザインは、香川県観音市「銭形砂絵」に由来するようだ。

画像:MRSY on Flickr

「All You Need is KOBE」、その意味を踏まえると、なんとも大胆なメッセージ。

画像:MRSY on Flickr

彩りが美しい、静岡県富士市。竹取物語にゆかりが多いそうだ。

画像:MRSY on Flickr

ところで、「マンホールの蓋が丸いのか。」これは某企業の入社面接問題として話題になったものだが、解答についてはどうやら諸説あるようだ。まずはこの記事について共有したら、ぜひ議論を深めてほしい。

出典: MRSY on FlickrColossal

いいね!して最新の記事を受け取ろう