1
サハラ砂漠に浮かぶ、謎の黒印。その背景は、絶対に知っておいたほうがいい
FEED IN SIGHT
見過ごしてしまいそうな大切な事を伝える。
Feed In Sight
Feed In Sight
見過ごしてしまいそうな大切な事を伝える。
Good!
あなた、他1人がGood!しました
ライフ&カルチャー

時として意外なが映り込んでいるGoogoleマップ。その中でも、これは特別な意味を持つ大切な記録だ。

1989年9月19日、UTA航空772便はパリに向かうため、コンゴ共和国を飛び立った。

サハラ砂漠上空を飛行中、事件は起きた。何者かが持ち込んだ爆弾が爆発したのだ。乗組員15名を含む170名、全員がフランスの地を踏む事はできなかった。

画像:Google Map

その18年後、事件の記録と犠牲者の弔いのため、被害者の遺族らが記念碑を作り始めた。

飛行機の残骸の多くは、そこにそのまま残っていた。ここはサハラ砂漠のど真ん中。撤去する事もままならないのだ。

画像:Google Map

残骸を掘り起こし、砂を落とす。

画像:Google Map

手作業で石を並べ、形を作っていく。現地に住む人々も協力してくれた。

画像:Google Map

画像:Google Map

およそ60メートルの円を描く。

画像:Google Map

画像:Google Map

石はトラックで運ばなければいけなかった。70キロの距離を何度も往復し、完成まで2ヶ月かかった。

画像:Google Map

壊れた主翼先端部分。犠牲になった全員の名前を記す。

画像:Google Map

画像:Google Map

主翼を立てる。

画像:Google Map

割れた鏡は、被害者一人一人を表す。

画像:Google Map

170の鏡を並べる。

画像:Google Map

画像:Google Map

画像:Google Map

事件はその後に調査された結果、リビアのテロリストが引き起こした物だとされた。リビア政府は責任を認め、遺族に補償金を支払った。

画像:Google Map

砂漠の真ん中に刻まれた記憶。被害者の悲しみが癒えることはない。

画像:Google Map

画像:Google Map

画像:Google Map

画像:Google Map

画像:Google Map

この記録は、永遠にGoogle Mapに残り続けることになる。

出典: WkipediaGoogle MapGreen Prophet

いいね!して最新の記事を受け取ろう